「目」の文字が入ったことわざ・慣用句(高齢者レクに役立つ雑学・ホワイトボードを用いたクイズのアレンジ例つき)

このサイトでは、デイサービスやデイケアなどの高齢者施設介護予防サロンレクリエーションに役立つ様々な雑学や豆知識を掲載しています。

この記事では、

「目」の文字が入ったことわざ・慣用句

を取り上げます。

記事の最後に、ことわざ・慣用句を使ったクイズの例も掲載しました。ホワイトボードを用いたレクリエーションの素材としてご活用ください。

「目」の文字が入ったことわざ・慣用句

◎目が肥える(めがこえる)

優れたものをたくさん見てきたことによって、良いものと悪いものを見分けられるようになった状態を意味します。

◎目から鼻へ抜ける(めからはなへ抜ける)

とても頭がいいことを意味します。

◎目と鼻の先(めとはなのさき)

すぐ近くにあることを意味します。

◎目に余る(めにあまる)

あまりにひどくて黙って見過ごすことができないことを意味します。

◎目に入れても痛くない(めにいれてもいたくない)

とてもかわいがっている様子を表します。

◎目には目を歯には歯を(めにはめをはにははを)

相手の仕打ちにに対して、同じ方法で仕返しすること。『ハンムラビ法典』などに記載があります。

◎目の黒いうち(めのくろいうち)

生きている間のことです。

◎目は口程に物を言う(めはくちほどにものをいう)

目を見れば口で言うのと同じくらいに気持ちが伝わることを表した言葉です。

◎目を三角にする(めをさんかくにする)

とても怒っている様子を表します。

◎目を細くする(めをほそくする)

うれしい、かわいいと思った時に、微笑んだ時の表情のことです。

◎目を丸くする(めをまるくする)

おどろいて目を大きく開けた様子を表します。(類義語)目を皿にする

◎目を白黒させる(めをしろくろさせる)

とてもおどろいて動揺している様子を表します。

◎目から鱗がおちる(めからうろこがおちる)

今まで悩んでいたりわからなかったりしたことが、あることをきっかけに急に解決すること。

ホワイトボードを用いたクイズの例

ことわざや慣用句は、ホワイトボードを用いた穴埋めクイズの素材として最適です。

この記事で取り上げたことわざ・慣用句を使ったクイズの例を紹介します。

問題1 🔲に入る言葉を埋めてください。

目から🔲が落ちる

🔲と🔲の先

問題2 意味が合うように、()の中に言葉を入れてください。

生きている間→目が(    )間

とても頭がいい→(   )から(   )に抜ける

よいものと悪いものを見分けることができる→目が(     )

※ことわざ・慣用句の意味については、旺文社「標準ことわざ慣用句辞典」も参照しました。

※「顔」や「頭」の文字が入ったことわざ・慣用句は、こちらの記事をご覧ください。

レクリエーション情報をメルマガでもお届けします!

高齢者レクリエーションや笑いと健康に関するミニ情報を毎週火曜日にメルマガでも配信しております。ぜひご登録ください!(いつでも解除することができます)

大道芸人たっきゅうさんメールマガジン 登録はこちらから!(メールアドレスを入力してください)

高齢者施設・公民館・老人福祉センター向け研修を行っております。

大道芸人たっきゅうさんは、介護施設職員・事業者、公民館や老人福祉センター職員を対象としたレクリエーションの研修を行っております。お気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
「大道芸の笑いを小児医療や高齢者施設にも!」をモットーに活動する通称「大道芸人たっきゅうさん」です。京大卒なのに大道芸人です。「笑いと健康」に関する講演の講師として全国の老人クラブを訪問しています。 【取得資格】 健康生きがいづくりアドバイザー ・ケアストレスカウンセラー ・レクリエーション介護士2級

コメントを残す