お手玉を使うレクリエーション【高齢者&児童レクリエーション】

お手玉を使うレクリエーション【高齢者レク・児童レク】

お手玉を使うと、安全に楽しく体を動かすことができるため、高齢者レクリエーションの素材としておすすめです。

この記事では、

お手玉を使ったレクリエーション

を紹介します。

デイサービスや有料老人ホームなどの高齢者施設のレクリエーションだけでなく、子ども会や学童保育などの児童レクリエーションとしても楽しく行うことができます。

この記事では、内容の簡単な紹介のみを行います。★のついたレクリエーションは、拙著「笑って楽しい!高齢者レクリエーション」(株式会社法研)に詳しいやり方が載っていますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。

※「笑って楽しい!高齢者レクリエーション」の購入はこちら(画像をクリックすると詳細ページへ移動します)

笑って楽しい!高齢者レクリエーション

お手玉を使うレクリエーション

◎お手玉投げ、ジャグリング

お手玉を1個2個3個と投げて様々な技に挑戦します。昔ながらの「おじゃみ」を使ったお手玉だけでなく、最近ではジャグリングも流行しています。

◎わらべうた

わらべうたの中には、お手玉を用いるものもあります。日本の伝承遊びとして、子どもと高齢者の交流の場で行われることもあります。

◎お山崩し★

お手玉で作った山の上に棒を立て、棒を倒さないようにお手玉を1つずつ取り除いていく伝統的な遊びです。

◎玉入れ

お手玉をかごの中に何個入れられるかを競うおなじみのゲームです。かごの代わりに段ボールなどを用いてもかまいません。

◎的あて★

模造紙などで作った的をめがけてお手玉を投げて、得点を競うゲームです。

◎お手玉でホールインワン★

段ボールの真ん中にお手玉がちょうど入るくらいの穴をあけます。穴をめがけてお手玉を転がし、落とすことができれば成功です。

◎お手玉でタワー

お手玉をどれだけ高く積み上げることができるか競います。このゲームは、ジャグリングのボールではなく、日本の伝統の「おじゃみ」を用います。

お手玉の種類

お手玉にも様々な種類がありますが、ここでは、高齢者レクリエーション・児童レクリエーションの素材として扱いやすい3種類のお手玉を紹介します。

◎おじゃみ

日本の伝統的なお手玉です。シニア世代の皆さんにもなじみやすい素材です。

※おじゃみを用いるのが適したレクリエーション

・お手玉タワー

・わらべうた

・お山崩し

◎ビーンバッグ(ジャグリング用の柔らかいボール)

ビーンバッグはジャグリング用の柔らかいボールです。ジャグリングのボールは種類が豊富ですが、高齢者レクリエーション・児童レクリエーションの素材としては、ビーンバッグが一番のおすすめです。

※ビーンバッグを用いるのが適したレクリエーション

・お手玉投げ、ジャグリング

・的あて

◎スポンジボール

100円ショップなどで買うことができるスポンジボールもおすすめです。おじゃみやビーンバッグが手に入りにくいときは、スポンジボールで代用できます。

※スポンジボールを用いるのが適したレクリエーション

・お手玉でホールインワン

※バルーンを使うレクリエーションの記事も合わせてご覧ください。

レクリエーション情報をメルマガでもお届けします!

高齢者レクリエーションや笑いと健康に関するミニ情報を毎週火曜日にメルマガでも配信しております。ぜひご登録ください!(いつでも解除することができます)

大道芸人たっきゅうさんメールマガジン 登録はこちらから!(メールアドレスを入力してください)

高齢者施設・公民館・老人福祉センター向け研修を行っております。

大道芸人たっきゅうさんは、介護施設職員・事業者、公民館や老人福祉センター職員を対象としたレクリエーションの研修を行っております。オリジナルの介護予防体操、すぐにできる曲芸やマジック、レクの計画法などをお伝えします。お気軽にお問い合わせください。

研修企画書をダウンロードできます。

The following two tabs change content below.
「大道芸の笑いを小児医療や高齢者施設にも!」をモットーに活動する通称「大道芸人たっきゅうさん」です。京大卒なのに大道芸人です。「笑いと健康」に関する講演の講師として全国の老人クラブを訪問しています。 【取得資格】 健康生きがいづくりアドバイザー ・ケアストレスカウンセラー ・レクリエーション介護士2級

コメントを残す