お手玉作りに挑戦しよう!針や糸を全く使わず、100円ショップで購入できるグッズだけで作る方法【高齢者&児童レクリエーション】

このサイトを運営する「大道芸人たっきゅうさん」は、ボールやこん棒をお手玉するジャグリングを披露しています。大道芸をモチーフとしたレクリエーションに関する記事を増やしていく予定です。

この記事では、

お手玉作りにチャレンジしよう

と題して、お手玉を手作りする方法を記事にしました。

実際に手作りするお手玉の写真はこちらです↓↓↓

・針や糸を全く使わなくてもできる

・道具はすべて100円ショップで買うことができる

・所要時間はわずか5分

であることが特徴です。

針や糸を使わないので、デイサービスや老人ホームなどの高齢者施設を利用する高齢者の皆さんにも安心して挑戦していただけます。また、お子さんと一緒に挑戦しても楽しめます。

この記事を書いている私自身、裁縫は大の苦手です。それでも作れる非常に簡単な方法です。

広告
広告

準備するもの

お手玉作りに必要なものは、以下の通りです。

  • ニット製のペットボトルカバー(※)
  • アイロンビーズ
  • 輪ゴム

※ペットボトルカバーが売っていない場合は、子ども用の靴下を使ってもかまいません。

ニット製のペットボトルカバーの中に、工作用のアイロンビーズを入れて作ります。柔らかい手触りで投げやすいお手玉に仕上がります。

なお、写真のペットボトルカバーはひも付きですが、ひもは取っておいてください。(輪ゴムの代わりとして使うこともできますが、中身がこぼれやすくなるため、輪ゴムを使うことをおすすめします)

お手玉を作ってみよう!

作り方もとても簡単です。

1.まず、ペットボトルカバーを裏返します。

2.ペットボトルカバーの中に、アイロンビーズを入れます。アイロンビーズは、カバー全体の3分の1くらいが目安です(※)

※大人が使う場合。小さなお子さんが使用するものを作る場合、もっと少ない量の方がいいです。

3.アイロンビーズを入れたら、真ん中くらいのところを輪ゴムでむすびます。中のアイロンビーズが飛び出てこないように、しっかりとむすんでおいてください。

4.ペットボトルカバーの上の方(アイロンビーズが入っていない部分)をくるんとめくって、下の写真のように丸い形にしたら完成です。

お手玉を使った様々なレクに関する他の記事

高齢者レクリエーションでお手玉を使うのは、以下のようなメリットがあります。

  • 手指の運動になる
  • 昔を懐かしむことができる

お手玉には、様々なレクのバリエーションがあります。お手玉を使ったレクリエーションについては、こちらの記事も合わせてご覧ください。

また、拙著「笑って楽しい!高齢者レクリエーション」では、まるまる一章分を使って、お手玉を用いたレクリエーションの様々なアイデアを掲載していますので、もしよければご覧ください。

※アマゾンでのリンクはこちらです(画像をクリックすると詳細ページへ移動します)。

笑って楽しい!高齢者レクリエーション

広告
広告

レクリエーション情報をメルマガでもお届けします!

高齢者レクリエーションや笑いと健康に関するミニ情報を毎週火曜日にメルマガでも配信しております。ぜひご登録ください!(いつでも解除することができます)

大道芸人たっきゅうさんメールマガジン 登録はこちらから!(メールアドレスを入力してください)

高齢者施設・公民館・老人福祉センター向け研修を行っております。

大道芸人たっきゅうさんは、介護施設職員・事業者、公民館や老人福祉センター職員を対象としたレクリエーションの研修を行っております。オリジナルの介護予防体操、すぐにできる曲芸やマジック、レクの計画法などをお伝えします。お気軽にお問い合わせください。

研修企画書をダウンロードできます。

The following two tabs change content below.
「大道芸の笑いを小児医療や高齢者施設にも!」をモットーに活動する通称「大道芸人たっきゅうさん」です。京大卒なのに大道芸人です。「笑いと健康」に関する講演の講師として全国の老人クラブを訪問しています。 【テレビ・ラジオ・新聞等の実績】 ぐるっと関西おひるまえ/ちちんぷいぷい/Music Edge/京いちにち630/おやかまっさん/笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ/京都新聞/朝日新聞/毎日新聞/産経新聞/大阪日日新聞 等多数 【取得資格】 健康生きがいづくりアドバイザー ・ケアストレスカウンセラー ・レクリエーション介護士2級