日本の言葉遊び「なぞかけ」を題材としたホワイトボードクイズに挑戦しよう!【高齢者レクリエーション】

日本には様々な言葉遊びがあります。言葉遊びは脳の活性化にもつながるため、高齢者レクリエーションの題材にも適しています。

なぞかけ謎かけ)も日本の伝統的な言葉遊びのひとつですが、難しくてハードルが高いイメージがあるかもしれません。

そこで、この記事では、より多くのシニア世代の皆さんになぞかけに気軽に親しんでもらえるように、

なぞかけを題材にしたホワイトボードクイズの作り方

を記事にしました。

  • 準備に手間がかからない
  • 大人数でも楽しめる
  • (ネットや本で調べれば)問題を何問でも作れる

ため、デイサービスや有料老人ホームなどの高齢者施設や介護予防サロンの集団レクリエーションにおすすめです。

なお、この記事の最後に、「大道芸人たっきゅうさん」の創作なぞかけ集のリンクも掲載しております。なぞかけクイズの問題としてご利用ください。

なぞかけとは?

なぞかけクイズの説明に行く前に、なぞかけとはどのような言葉遊びか簡単におさらいしておきます。なぞかけは、落語家さんやお笑い芸人のねづっちさんが得意とする芸です。

まず、お題が出されます。

「○○とかけて、△△と解く」

といった感じです。

そしてその後に、

「その心は、□□です」

とオチをつけます。

□□の部分には、同じ韻を踏む言葉(同音異義語)が入ります。

例えば、

◎初日の出とかけて、名俳優と解く

→その心は、どちらもえんぎ(縁起・演技)がいいでしょう。

といった感じで、同音異義語がオチになります。

ホワイトボードクイズでは、オチの同音異義語を当てるクイズに挑戦します。

ここからは、上のなぞかけを例に、ホワイトボードを用いたクイズの出題の仕方を説明します。

広告
広告

ホワイトボードなぞかけクイズの出題の流れ

先ほどの「初日の出とかけて、名俳優と解く。その心は、どちらもえんぎ(縁起、演技)がいいでしょう。」というなぞかけを素材にして、実際にホワイトボードを用いてクイズを出題する流れを説明します。

まず、流れをざっと書くと、以下のような感じです。

1.問題をホワイトボードに書く

2.答えの同音異義語の部分を🔲(虫食い)にして、それ以外の言葉を書く

3.答えを連想しやすい言葉をヒントとして書く

これだけではわかりにくいと思いますので、ホワイトボードのイラストを使ってさらに説明します。

1.問題をホワイトボードに書く

まず、問題をホワイトボードに書きます。この段階で答えがわかる人もいるかもしれませんが、他の人も楽しめるように、まだ答えを言わないようにお願いしておきます。

2.答えの同音異義語の部分を🔲(虫食い)にして、それ以外の言葉を書く

最初のヒントとして、同音異義語以外の部分を書きます。同音異義語を当てるのがクイズの一番の楽しみな部分ですので、同音異義語は虫食い状態にしておきます。

3.答えを連想しやすい言葉をヒントとして書く

2.の段階で正解が出ない場合もあります。その時には、ホワイトボードにヒントを書きます。正解の言葉を連想しやすい言葉を書くのがポイントです。この記事のお題で言えば

  • おめでたい
  • 神々しい
  • お芝居

など、えんぎ(縁起、演技)という言葉に近い言葉をヒントとしてホワイトボードに書きます。参加者の様子を見ながら、少しずつゆっくりとヒントの言葉を追加します。

なぞかけクイズの問題探しはこちらからどうぞ!

このサイトでは、オリジナルの創作なぞかけをまとめた記事を多数掲載しています。クイズの問題としてそのままご利用ください。

創作なぞかけ集1

創作なぞかけ集2 年末年始編

年末年始の行事をお題とした創作なぞかけ集です。

創作なぞかけ集その3 冬の風物詩編

冬の風物詩をお題とした創作なぞかけ集です。

創作なぞかけ集その4 2020年流行語編

2020年の新語・流行語大賞トップ10入りした言葉をお題とした創作なぞかけ集です。

創作なぞかけ集その5 健康長寿編

健康・介護・長寿など、シニア世代の皆さんにとって身近なテーマをお題とした創作なぞかけ集です。

◎なぞかけクイズの動画もあります!

なぞかけクイズを3問収録した動画も公開しております。パソコンやタブレットを用いて、皆さんで挑戦してみてください。

なぞかけクイズ動画その1(YouTubeへのリンク)

https://youtu.be/m5JvPd7jc1s

なぞかけクイズ動画その2

https://youtu.be/gFwruGPCFQU

なぞかけクイズ動画その3

https://youtu.be/j3x7FleCvhY

広告

レクリエーション情報をメルマガでもお届けします!

高齢者レクリエーションや笑いと健康に関するミニ情報を毎週火曜日にメルマガでも配信しております。ぜひご登録ください!(いつでも解除することができます)

大道芸人たっきゅうさんメールマガジン 登録はこちらから!(メールアドレスを入力してください)

高齢者施設・公民館・老人福祉センター向け研修を行っております。

大道芸人たっきゅうさんは、介護施設職員・事業者、公民館や老人福祉センター職員を対象としたレクリエーションの研修を行っております。オリジナルの介護予防体操、すぐにできる曲芸やマジック、レクの計画法などをお伝えします。お気軽にお問い合わせください。

研修企画書をダウンロードできます。

The following two tabs change content below.
「大道芸の笑いを小児医療や高齢者施設にも!」をモットーに活動する通称「大道芸人たっきゅうさん」です。京大卒なのに大道芸人です。「笑いと健康」に関する講演の講師として全国の老人クラブを訪問しています。 【テレビ・ラジオ・新聞等の実績】 ぐるっと関西おひるまえ/ちちんぷいぷい/Music Edge/京いちにち630/おやかまっさん/笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ/京都新聞/朝日新聞/毎日新聞/産経新聞/大阪日日新聞 等多数 【取得資格】 健康生きがいづくりアドバイザー ・ケアストレスカウンセラー ・レクリエーション介護士2級

7件のコメント

コメントを残す