頭の体操・脳トレにもなる日本の言葉遊び5選(高齢者レクリエーション)

日本の言葉遊び5選

このサイトでは、高齢者レクリエーションに関する情報を多数掲載しています。

言葉遊びは、頭の体操や脳トレにもなるため、高齢者レクリエーションの題材としてもおすすめです。

この記事では、

高齢者レクリエーションに適した日本の言葉遊び5選

と題して、日本の言葉遊びを5つ紹介します。

演芸場の大喜利のお題として有名なものを中心に取り上げましたが、落語家さんやお笑い芸人さん以外の人も気楽に挑戦してください。

日本の言葉遊び5選

この記事で取り上げる言葉遊びは、以下の5つです。

1.折句(あいうえお作文)

2.なぞかけ(謎かけ)

3.回文

4.ベンベン

5.川柳・短歌・どどいつ(都都逸)

ここから先は、それぞれの言葉遊びについて説明します。

折句(あいうえお作文)

折句・あいうえお作文
折句・あいうえお作文

折句は、お題となる3つ~5つ程度の言葉を頭文字にして、文章をつなげていく言葉遊びです。「あいうえお作文」という呼び方の方が有名かもしれません。テレビの大喜利でよく見かけます。一度はやったことがある人も多いのではないでしょうか。(折句とあいうえお作文は厳密には別のものですが、レクの素材として楽しむ分にはあまり気にしなくてもよいでしょう)

在原業平の歌が有名です。

から衣 きつつ慣れにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ

頭文字をとると「かきつはた」となり「カキツバタ」の花の名前が織り込まれています。

最近では、テレビの番組欄の最初の文字を縦に読むとメッセージになっていることがあります。これも一種の折句です。

なぞかけ

なぞかけ(謎かけ)

なぞかけ(謎かけ)は、落語家さんやお笑い芸人のねづっちさんが得意な芸として知られています。

「○○とかけて、△△と解く。その心は、□□です」

という流れで、オチをつけます。最後のオチの部分は、同じ韻を踏む別の言葉が入ります。

なぞかけを作るにはコツがあります。そのコツについては、別の記事で改めて紹介します。また、高齢者レクリエーションで実際になぞかけ作りに挑戦するときに便利なワークシートを作る予定です。お楽しみに!

この記事を執筆する大道芸人たっきゅうさんは、なぞかけ作りを日課にしています。自作のなぞかけをこちらの記事にまとめましたので、合わせてご覧ください。

回文

回文
回文

回文は、上から読んでも下から読んでも同じになる文章です。小学校や中学校に通っていたころに一度はやってみたことがある人も多いのではないでしょうか。

たけやぶやけた(竹藪焼けた)

しんぶんし(新聞紙)

が有名です。

すんだいがいだんす(駿台ガイダンス)

という回文もあります。私は大学受験に失敗し駿台予備学校に1年お世話になったので、この回文を見つけたときにはちょっと嬉しい気持ちになりました。

ベンベン

ベンベン(言葉遊び)
ベンベン

上の3つに比べると、「ベンベン」は聞いたことがない人の方が多いかもしれません。ですが、ほとんどの人はテレビの大喜利などで一度はみたことがある言葉遊びです。

○○のようで○○でない。△△のようで△△でない。それはなにかと申したら、□□

という流れで、最後にオチをつける言葉遊びです。上方落語の大喜利のお題として披露されることが多いです。

私も記事を書くために挑戦しましたが、面白い例が思い浮かびませんでした(泣)。あいうえお作文や回文に飽きた時に、ベンベンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

川柳・短歌・どどいつ(都都逸)

高齢者レクリエーションの一環で、川柳や短歌を作る機会は多いと思います。

普通に創作するだけでも十分に楽しいですが、有名な川柳や短歌に時事ネタを入れたパロディを作る言葉遊びとしても楽しむことができます。川柳や短歌のレクリエーションのバリエーションに加えてみてはいかがでしょうか。

どどいつ(都都逸)は、七・七・七・五調の26文字からなります。男女の機微をどどいつにすることが多いです。内海桂子師匠はどどいつの名人として有名です。最近ではツイッターでどどいつを作るドドツイと呼ばれるツイートもあるようです。文字数制限の厳しいツイッターとどどいつは意外と相性がいいのかもしれませんね。

ここまで日本で伝統的に行われてきた言葉遊びを紹介してきましたが、このサイトでは、その他の言葉遊びレクリエーションも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

レクリエーション情報をメルマガでもお届けします!

高齢者レクリエーションや笑いと健康に関するミニ情報を毎週火曜日にメルマガでも配信しております。ぜひご登録ください!(いつでも解除することができます)

大道芸人たっきゅうさんメールマガジン 登録はこちらから!(メールアドレスを入力してください)

高齢者施設・公民館・老人福祉センター向け研修を行っております。

大道芸人たっきゅうさんは、介護施設職員・事業者、公民館や老人福祉センター職員を対象としたレクリエーションの研修を行っております。オリジナルの介護予防体操、すぐにできる曲芸やマジック、レクの計画法などをお伝えします。お気軽にお問い合わせください。

研修企画書をダウンロードできます。

広告
The following two tabs change content below.
「大道芸の笑いを小児医療や高齢者施設にも!」をモットーに活動する通称「大道芸人たっきゅうさん」です。京大卒なのに大道芸人です。「笑いと健康」に関する講演の講師として全国の老人クラブを訪問しています。 【取得資格】 健康生きがいづくりアドバイザー ・ケアストレスカウンセラー ・レクリエーション介護士2級

コメントを残す